ようこそ ささはら幼稚園へ!

ホームページをリニューアルしました。

ささはら幼稚園

 

日誌

平成28年度日誌
123
2017/02/17new

大きな山だ!

| by システム担当

子ども達が降園した後、トラック2台分の砂が幼稚園の築山に加わりました。
2台分の土は、すごい量で、あっという間にふかふかの大きな山ができました。
「築山が変わったことに気付いて、どんな反応をするのかな?」と子ども達の反応を楽しみにしながら翌日を迎えました。

登園の道中で「あれ?」と気付く子や「すごく大きくなっている!」と大喜びで正門から駆けだしてくる子と子ども達の反応は様々!
ふかふかの土に足が埋もれてしまいそうになるので、しっかりと踏ん張って頂上を目指しました。

頂上に着けたことを喜び、思わず「やっほー!」と叫ぶ子も。
「やっほー!」の声を聞いて次々と友達が加わり、大きな山の感触を楽しみました。

築山で遊びたい気持ちが強く、身支度を早く済ませて・・・目指すは築山!!
お団子作りをしたり、ふかふかの土の特性を味わうかのように手を押しつけて手形をつけることを楽しんだり、つま先に力を入れると足が土の中に埋もれていく感覚に不思議さを抱きながら存分に遊びました。

これからの戸外遊びで、遊びがどのように膨らんでいくのか楽しみですね。


15:07
2017/01/24

寒い日の楽しみ

| by システム担当
手袋をして登園する子どもが増え、保育室に入ってくると「暖かい!」と戸外と室内の気温の違いを感じる毎日です。
気温がぐっと下がる前日に、水をはった容器を外に出しておきました。
翌日登園した子ども達は、「これ、何?」と関心をもって近づき、容器の中を見てみると・・・

「氷ができてるー!!」と発見!!
「きらきらしていて、きれい!」「氷触っていたら冷たくなった」「冷たくなった手は、はーって息をかけたらあたたかくなるよ」など、寒いこの時期だからこその楽しさを感じることができました。
朝、氷に触れ楽しかった経験から、降園前に【自分の氷作り】が始まりました。
プリンカップやプラスチックケース、缶など様々な素材の中から自分の作りたい容器を選び水をはって準備完了!翌日の登園が待ち遠しくて仕方がない子ども達です。


登園するとすぐに容器の確認!
「氷ができている!やったー!」「こっちはできているのに、私のは出来ていない。何で?」「何が違うのかな?」など、氷ができることを喜ぶことから、氷ができない理由を考え始めた子ども達です。
毎日、氷の観察をすることで「氷ができる水と水道の水の冷たさは違う」「昨日は風がびゅーんって吹いていたから、氷ができたと思う」など、性質や気象の変化についても思いを伝え合う場面が見られました。

遊びながら発見を喜び、「何でかな?」と疑問をもち、友達と一緒に考え合う様子を見ていると、子ども達はこれまでの経験を思い返したり、保護者の方や先生の話や絵本で見たり聞いたりして知っていることを一生懸命自分の言葉で相手に伝わるように話していることが伝わってきます。


15:20
2017/01/24

3学期が始まりました

| by システム担当

3学期が始まり、毎日寒い日が続きますが子ども達は元気に登園してきています。
こま遊びやすごろく、カルタやトランプなど、ご家庭でも様々な昔遊びをした経験から、友達とルールを確認し合いながら一緒に遊びをすすめる姿が見られます。


「目、ちゃんとつぶってる?」「これは、まゆげだよ」など遊び方や、遊びながら遊びに必要な役を代わり合いながら遊んでいます。
できあがった顔を見て、大笑い!


「自分の顔の福笑いを作ってみよう!」と鏡とにらめっこをしながら、まつげや鼻の形など観察をしながら作りました。
参観日に親子で一緒に遊び、できあがった顔を見て保護者の方と一緒に大笑いしたことが楽しかったようです。自分で作ったもので遊ぶ楽しさを、感じられる機会になりました。

年長組では、鉄芯こまに挑戦し、始めはなかなか巻くことができなかったヒモも、今では自分で巻くことができるようになりました。
回るようになった喜びを感じると同時に、的の中で回すという新たな目標に向かって挑戦中です!


15:09
2016/12/22

終業式

| by システム担当
22日は終業式でした。
今年も残すところ、あと少しですね。
年末の大掃除や新年の準備など慌ただしく過ごされているのではないでしょうか。

冬休み中も健康で元気に過ごすことができるように、子ども達と3つの約束をしています。
①早寝、早起き、朝ご飯
②交通安全
③お手伝い

子ども達ができることを選んでいただき「お手伝い」に挑戦してみましょう!
今までやったことがないことでも、方法を伝えることで子ども達の新たな姿の発見や成長に驚かれたりすることもあると思います。

また、おせち料理に込められた願いやお正月ならではの挨拶、年賀状などもご家族でお話ししてみてくださいね。
2017年も、ささはら幼稚園の子ども達、保護者の皆様、地域の方々にとって健康で笑顔あふれる1年となりますように!
幼稚園教育にご理解、ご尽力いただきありがとうございました。引き続きよろしくお願い致します。

プランターで育てた大根。
「うんとこしょ!どっこいしょ!」のかけ声と共に勢いよく抜けました!
プランター栽培とは思えないほど立派な大根です。
「どれくらいの重さかな?」と一人ずつ穫れたての大根を抱っこしたり、匂ったりしながら収穫を喜びました。
3学期も、引き続き栽培物の生長や収穫を楽しみにしながら過ごしていきます。
15:59
2016/12/22

お正月遊び

| by システム担当

11月に地域の方々と一緒にお正月遊び(伝承遊び)を行った経験から、「お正月遊びといえば?」と子どもたちに問いかけると、一緒に遊んでもらった「こま」「あやとり」といった言葉が次々と返ってきます。
また、先日は笹原小学校の1年生と一緒にお正月遊びの交流をしました。
けん玉をリズムよく動かし成功させる1年生の姿に幼稚園の子ども達は驚いたり、おはじきやすごろくなど、遊びのルールを丁寧に教えてもらったりしました。

幼稚園でも、年少組は凧あげと手回しこまに挑戦中!
年長組は鉄心こまのひも巻きに苦戦しながらも、諦めずに何度も挑戦しています。
どのお正月遊びも、繰り返し挑戦することが大切ですね。
「できない!」と諦めるのではなく、悔しい思いをしながらも繰り返し挑戦してみてくださいね!


広い園庭での凧あげ。
「見て見て!木より高く飛んだよ!」
「飛行機からもこの凧見えるかな?」と高く飛ぶ凧に大喜びです。
走り方に勢いがある方が高く飛ぶ!と考えた子は、築山からものすごいスピードでかけおり、誰よりも高く飛ばそうと挑戦中!


「こんな回し方もできるよ」と回り方の違いに気付き友達に知らせたり、友達に教えてもらったことに挑戦しようとしたりしています。

その他にも、カルタやスリーヒントゲームなどご家族でゆったりと過ごすことができる時間を大切に楽しんでくださいね。


15:47
2016/12/21

笹原中学校との交流

| by システム担当

笹原中学校の3年生が家庭かの授業の1つとして、幼稚園に来てくれました。

「お兄ちゃん、お姉ちゃんが来てくれたー!」と姿が見えると、朝から大喜び!
・幼稚園には、何歳の子どもがいるのか
・どのようなことを幼稚園で学んでいるのか
・幼い子どもとかかわる時に、中学生はどのように関われば良いのか など
事前授業で学んだことや、幼稚園の先生達に教えてもらったことを実践しながら、中学生も触れあい遊びや絵本の読み聞かせの時間を楽しみました。


優しい声で読んでもらう絵本の世界に、子どもたちは集中してお話を聞いています。


膝の上に載せてもらったり、歌に合わせて体を動かしたりして過ごしていると、始めは緊張していた中学生や子どもたちにも笑顔が見られてきました。
また、交流の最後には夏休みから中学生が考え作ってくれていた手作りパズルをいただきました。どの作品も「子どもたちが楽しむことができるように」と工夫が見られる作品でした。

また毎年恒例となっている、吹奏楽部の方々が演奏を披露してくださいました。
運動会でァンファーレを演奏してくださっていますが、ファンファーレとは異なる迫力や様々な楽器に子どもたちも釘付けです!
演奏と一緒に、身振り手振りを用いたダンスも一緒に披露してくれ、心踊る楽しい時間になりました。





14:47
2016/12/21

もちつき

| by システム担当

もちつきを幼稚園で行いました。
朝早くから地域の方々にも手伝っていただきました。
参加してくださった、地域の方々、ご近所の皆様ご協力ありがとうございました。

前日に、年長組がもち米を洗いました。
ざるからお米が落ちないように、そっと水を何度も替え「おいしいお餅になるように」と冷たい水に触れながら丁寧に洗いました。


当日は、年少組も思い杵を力を出してもち、「よいしょ-!」のかけ声に合わせて動かしました。もち米ならではの、粘りに思うように杵が持ち上がらなかったり、体がふらついてしまったりする姿も見られましたが、どの子も「おいしいお餅が食べたい!」気持ちで頑張りました。


つきたてのお餅を、持ち帰り用に丸めています。
「家族みんなで食べられるように、人数分作ろう」「ハートの形のお餅があったら、かわいいな」など、食べたい形や持ち帰って一緒に食べる家族の姿を思い浮かべながら丸めました。
翌日、「お味噌汁に入れて食べたよ」「みんなにおいしいって言ってもらって嬉しかった」など、各家庭でおいしくいただいた姿が浮かぶほど、子どもたちは大喜びで教えてくれました。

また、にこにこキッズ(未就園児参加)も同日に行っていたため、きょうだい関係でたくさんの未就園児も来てくれました。
今後もにこにこキッズやみんなの広場と未就園児が幼稚園児と一緒に遊んだり触れ合ったりすることができる機会があります。ぜひ、幼稚園のホームページから日程を確認し遊びに来てくださいね。お待ちしています。


14:34
2016/11/24

作品展

| by システム担当

18日は作品展でした。

10月末に神戸市立王子動物園に出かけた経験から、お気に入りの動物やそれぞれの特徴を製作に取り入れていきました。

年少組は、6月の参観日で行った親子製作でハサミやセロテープの扱い方を確認し合うことを行ったり、1学期からの製作経験を生かしたりしながら作品展に向かい、年長組は自分なりに工夫をすることを考え形にし作品展に向かってきました。


「何を使って作ろうかな?」
色々な素材を手に取って、形を見比べたり、完成をイメージしたりして作品作りに取り組んできました。
「見て見て!僕のフラミンゴ、魚が食べられるように口が開いているんだよ!」
「ゴリラの指、人間みたいになってるから、何で指を作ろうかな?」
自分でつくりあげてきたことに自信をもって友達に知らせる姿や、自分の気付きをどのように製作に取り入れていくのかワクワクしながら作りすすめてきました。

全園児の動物を遊戯室に!
年長組が「動物園の名前をつけよう!」「わくわく動物園はどうかな?」と考えたことを年少組に知らせに来てくれたり、年少組もキリンが食べる木を好きな遊びで作ってきたので、年長組のクラスに行き「一緒に飾ってもいいですか?」と知らせたり、互いの「やりたい!」気持ちを形にしました。








参観後は、保護者の方と一緒にクリrスマスリース作り!
未就園の方も来てくださり、一緒にクリスマスを心待ちにしながら作りました。
子どもと一緒に作りながらも、保護者の方が夢中になってしまう姿も見られました。




持ち帰った後は、ぜひご家庭で飾ってくださいね!
楽しいクリスマスになりますように☆


14:14
2016/11/24

秋の収穫

| by システム担当

夏に苗を植えたサツマイモも、大きく育ち「土の中でどれくらい大きく育っているのかな?」と収穫をワクワクしていた子どもたちです。


葉をかきわけ、ツルの根元を探し、「せーの!」の合図で力いっぱい引っ張ります!





「こんなに大きなお芋が取れたよ!!」
土の中にお芋が残っていないか、手のスコップで力強く掘って探しました。



「全部で何個かな?」
収穫した数を数えたり、形の違いに気付いたりと、友達に伝えたくなる気持ちがあふれています。

「ツルでどんな遊びができるかな?」

普段の遊びの経験から、ツルをしっぽに見立てて「しっぽ取り」が始まりました。


収穫したお芋は、今年度は焼き芋ではなくホットプレートでバター焼きにしていただく予定です。毎日みずやりをしてきたお芋はどんな味がするのかな?
食べた後の感想も楽しみですね。


14:00
2016/11/24

伝承遊びの会 

| by システム担当

地域の方々が、子どもたちに昔遊び(こま、お手玉、あやとり、紙飛行機など)を教えたり、じっくり一緒に遊んだりしてくださいました。

たくさんの方が参加してくださり、子どものやりたい遊びを聞き受け止めてくださる姿もたくさん見られました。
優しいおじいちゃん、おばあちゃんに子どもたちも笑顔になり「おじいちゃん、こま上手やね!」「お手玉って、おじゃみって言うんだよ」など、感じたこと、知っていること、教えてもらったことを口々に話す子どもたちでした。

こまやお手玉、あやとりは繰り返し挑戦しないと成功することができない遊びです。
幼稚園の子どもたちにとってカルタは、遊びながら絵と言葉のつながりを感じたり文字に関心をもつ遊びです。
地域の伝承遊びの会は11月でしたが、この経験をもとに年末年始とご家庭でも昔遊びを楽しんでくださいね!


13:45
123